退職共済金給付事業

ホーム / 事業紹介 / 退職共済金給付事業 / 加入後の変更手続

加入後の変更手続

(1) 継続職員異動届

会員が他の施設・団体に移籍し引き続き会員になろうとし、移籍前・移籍後の施設・団体の長が承認した場合、共助会の加入を継続することができます。(在籍月に空白が生じる場合、継続異動はできません。)
この場合、移籍前の施設・団体は、「継続職員異動届」に必要事項を記入し、移籍後の施設・団体に渡して下さい。移籍後の施設・団体はこの用紙に必要事項を記入し共助会に提出していただきます。

  • 異動届の標準報酬は、移籍後給与に変動が生じた場合も、標準報酬基礎届による標準報酬の変更前である場合は従来どおりになります。
  • 異動基準日は毎月1日です。月の途中異動は翌月1日になります。
  • 会員の異動が確認されると、「継続職員異動(転出・転入)確認通知書」を施設・団体に送付いたします。

(2) 共済掛金中断届

会員が休職により掛金の納付を中断しようとするときは、所属の長は「共済掛金中断届」を共助会に提出していただきます。
ただし、このときの休職期間は退職共済金、又は配当金に係る算定期間から除かれます。

  • 中断届の基準日は毎月1日です。
  • 月の途中からの休職は翌月1日より中断になります。
  • 会員の中断が確認されると「共済掛金中断確認通知書」を施設・団体に送付いたします。

(3) 共済掛金再開届

会員が共済掛金の納付を再開するときは、所属の長は「共済掛金再開届」を共助会に提出していただきます。

  • 再開届の基準日は毎月1日です。
  • 月の途中からの復職は翌月1日より再開になります。
  • 会員の再開が確認されると「共済掛金再開確認通知書」を施設・団体に送付いたします。

(4) 氏名変更届

会員の氏名に変更があったときは、所属の長は「氏名変更届」をすみやかに共助会へ提出していただきます。

(5) 施設等異動報告書

施設・団体の名称、所属の長、所在地等に変更があったときは、「施設等異動報告書」を共助会へ提出していただきます。

  • アクセス
  • 入会方法
  • お問い合わせ
一般社団法人埼玉県社会福祉事業共助会
〒330-0075
さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65
彩の国すこやかプラザ3F
TEL:048-831-7547
FAX:048-822-2888

このページのトップへ